PR

小学校1年生の読書感想文書き方のコツ!親はどこまで手伝う?

小学校に入学して初めての夏休みがやってきます。

海にプールに花火、お盆の帰省や家族旅行など、お子さんに楽しい思い出や経験を沢山させてあげたいですよね!

ただ、夏休みといえば、親を悩ませる一番の種は、宿題ですよね!その中でも、読書感想文って小1ママさんが一番悩む宿題じゃないですか?

そもそもやっと文字を読めるようになってきた所なのに…読書感想文書ける?と私は思っていました!

読書感想文の書き方をお子さんも習ってないと思います。

私自身、読書感想文は最後の最後まで残る苦手な宿題でした。子ども任せだと最後に残ってしまいますので、サポートが必要ですよね。

どう手伝えば、子どもが読書感想文に取り掛かれるのかがわからない小1ママさんも多いと思います。そんな小1のお子さんを持つママさん、パパさん!

小1のお子さんが読書感想文を書くコツや本選びなど、読書感想文をお子さんが書ききれるようになるヒントを紹介していきたいと思います。

ささっと終わらせて、お子さんと楽しい夏の思い出を沢山作りましょう!

小学校1年生の夏休みの宿題といえば読書感想文!

読書感想文を書く目的

  • 読書習慣を身につけること
  • まとめる力をつけること
  • 人に伝える力をつけること

などがあげられます。

また、小学1年生については

  • 一学期に学習した文字の復習
  • 文章を読むことに慣れさせる

なども目的に宿題としてだされます。

読書感想文を書くメリットは?

読書感想文を書くことで、【読む力】・【考える力】・【伝える力】【まとめる力】を伸ばすことができます。

なぜかというと、感想を文章にするには、本を読みこんで、自分がどう思ったか感じたかを考え、伝わるようにまとめて書くことが読書感想文だからです。

「低学年のころは読書感想文なんて意味ない」と思われる人も多いのですが、早いうちから読書感想文を書く経験を積み重ねていけば、自分の意見を言葉で表現する力がつきます。

また、本を読むことは、疑似体験の場にもなります。普段の生活では味わえない経験が本を通して積めます。

子どもの情緒の発達を促し、想像力を引き立ててくれるので、親としては、ぜひ子どもに沢山、本を読んでもらいたいですよね。

小学1年生らしい読書感想文を書くコツは?

小学1年生らしい読書感想文を書く最大のコツは親の質問です!選んだ本を読んで、子どもが思ったことをいかに引き出せるかがポイントです。

どんな質問か例を紹介します。

  • どうしてこの本をえらんだの?
  • どのシーンが好きだった?面白かった?
  • どうしてそのシーンが好きなの?
  • どんな気持ちだと思う?
  • あなただったらどうする?
  • どうしてそうおもったの?

選んだ本を読んで子どもが思ったことを引き出せる質問をして、メモしましょう。そして、そのメモを頼りに構成にそって書いていきます。

構成としては3ステップで考えると簡単です。

1 どうしてこの本を選んだか

  • 【わたしは、○○○○というほんをよみました。ひょうしのえがたのしそうだったからです。】
  • 【ぼくは、サッカーがすきなので、このほんをえらびました。】

など、簡単な書き出しでOKです。

2 本の内容や読んで思ったこと

  • 【わたしがよんだほんは、○○がぼうけんするおはなしです。】
  • 【この○○のシーンで、わたしなら○○○○するとおもいます。】
  • 【いちばんすきなシーンは、○○です。おもしろいからです。】

簡単に内容や自分の思ったことを書きます。

できるだけこのステップで子どもが本を読んで思ったことを引き出す問いかけをしてあげましょう。2のステップで沢山意見がでると、ボリュームのある読書感想文になります。

3 本を読んだ感想

  • 【わたしものように○○○○したいです。】
  • 【このほんをよんで○○したくなりました。】

小学校一年生の読書感想文ですから、素直な感想を書けばいいと思います。

 

各ステップで1~2文、文章を考えて、書くだけでも、原稿用紙1枚は埋まってくると思います。

一般的に小学一年生の読書感想文だと200文字~800文字だと言われています。原稿用紙1枚が400文字です。題名や名前もはいりますので、まず、原稿用紙一枚を目指して書いてみましょう。

小学1年生の夏休みの読書感想文だと、ほとんどがひらがなになると思いますが、習った漢字があれば、積極的に漢字を使うようにするといいですね。

親はどこまで手伝う?

最終的に読書感想文を原稿用紙に書くのは子どもです。

ただ、一年生の読書感想文は書き方も習っていないですし、親のサポートなしでは書ききれないと思います。子どもが積極的に読書感想文に取り組めるサポートをしていきましょう。

親ができるサポート

  • 本選び
  • 一緒に本を読むこと
  • 質問をして本を読んだ子供の感想を引き出すこと
  • その本の言いたいことを一緒に考えること
  • 前章で書いた、3ステップの構成で文章にする声かけ

一緒に本を読む時に、登場人物になりきって抑揚をつけて読んだり、逆に抑揚をつけずに読んだりと色々な読み方をしてあげるのもおすすめです。お子さんの想像力が引き立てられます。

会話がある話なら、この登場人物によって、お子さんと読みあうのも楽しいですよ。小さいころから本を読む時間が楽しいと思えると、自然と読書習慣もついてきますよね。

本を読んで、子どもが感じた気持ち、感想を沢山引き出してあげてくださいね。

読書感想文の肝は本選び!おすすめの本5選!

実際にどんな本がいいのかな?と迷われる方に、おすすめの本を5選紹介します。

お子さんと選ぶ時の参考にしてみてくださいね!

おすすめ1 メガネをかけたら

この本は、女の子がメガネをかけないといけなくなり、メガネに対しての抵抗感や不安な気持ちを大人が心配りしていくという話です。それぞれの登場人物の気持ちを考えることができるので、感想文を書きやすくおすすめです。すごく優しい気持ちになれる本ですよ。

おすすめ2 ハキちゃんの「はっぴょうします」

この本は子どもの好奇心、探求心が面白く、小学生になって始まった発表について、子ども自身の感想や意見を引き出しやすいのでおすすめです。絵も明るくて面白いので子どもも話に入り込みやすいと思います。

虫など自然が好きな子どもにもおすすめですよ。

おすすめ3 ぼくのはなさいたけど

この本はお母さんのために育てた花が誰かによって摘まれてしまうお話です。お話の最後の親子のやり取りは、心温まる気持ちになります。ぜひ、親子で読みたい本です。

この本も自分はどう思うか、気持ちを考えることができるので、感想文を書きやすい本でおすすめです。

おすすめ4 けんかのきもち

この本は、喧嘩の多い子どもにもおすすめです。喧嘩してしまった時の複雑な気持ちが書かれていて、喧嘩のおおい子は共感し、自分を振り返る機会にもなります。一学期、環境の変化で喧嘩の多かったお子さんと一緒に読んでみると、今後の話もできますよね。

もちろん、喧嘩の経験があまりない子どもも、複雑な気持ち、人間関係を学べるのでおすすめです。

おすすめ5 そのときがくるくる

この本は、いつか食べられる「そのときがくる」という、好き嫌いに向き合わせてくれるお話です。食が細く、好き嫌いの多いお子さんにもおすすめです。主人公と自分の好き嫌いについて共感もできるし、一歩、好き嫌いへの挑戦する気持ちもわいてくる話です。

 

紹介させてもらった本は、どれもお子さんが登場人物の気持ちを想像しやすく、感想文を書きやすい本です。課題図書にも選ばれている本も含まれています。

読書感想文のためだけではなく、普段の読書にもおすすめです。お子さんと一緒に楽しく読める本を選んでみてくださいね!

子供が活字嫌いの場合の対策法は?

うちの子どもも活字嫌いで、音読など、すごく苦労します。文字を読んでも、文字を読んでいるだけなので、なかなか文章として頭に入ってないですよね。

読み間違いを指摘すると「もう嫌!」と逃げちゃうこともあります。

そんな活字嫌いのお子さんには、文字数が少なくて、絵の多い本がおすすめです。絵が多いと文字からだけでなく、絵からも本の内容を想像できるからです。

本を読む習慣をつけることが読書感想文の目的でもあります。文字数やボリュームにこだわらずに、お子さんが楽しく読める本を選んであげましょう。

また、本を読むことが苦痛にならないように、読むところからサポートしてあげましょう。読むことが苦手なお子さんには、1行ずつ子どもと親が交代で読むのがおすすめですよ。

二回目以降は親が読んであげて、本の内容を想像してもらいましょう。内容にあわせて、抑揚をつけて楽しく読んであげましょう。

活字嫌いのお子さんには、とにかく、楽しい!面白い!と思ってもらうことが重要です。

そして、文章にする時は一つの文を短い文章で書いていくと、お子さんも書きやすいし、読みやすいです。

文字数などにこだわらずに、活字嫌いのお子さんが苦手なことに対して頑張っているという気持ちでサポートしてあげましょう。

そして、書き終わったら思いっきり褒めてあげて下さいね!続けていくと、活字嫌いから脱却する日もいつか来ると思います。

ギリギリにならないために!夏休みの宿題のスケジュールは?

小学一年生の夏休みの宿題は一般的に

  • 国語のドリル
  • 算数のドリル
  • 音読
  • 計算カード
  • ポスター(交通安全、火災予防など)
  • 工作
  • 自由研究
  • 読書感想文
  • 絵日記
  • 歯磨きカレンダー
  • 朝顔の観察日記

などがあります。(学校や地域によってかわってきます)

一年生の夏休みの宿題は、量としてはそんなに多くないと思います。ただ、子ども任せにすることは難しいので、一緒にスケジュールをたてましょう。

おすすめのスケジュールはすべての宿題を8月20日ごろまでに終わらせるよう計画することです。

夏休みの終わりギリギリまでのスケジュールで計画すると、途中で何かあった時に修正がきかなくなってしまいます。夏休みの終わりにバタバタしてしまうことになりかねません。

目的を達成するためにスケジュールをたてるということは、生きていくうえで大事なことです。子どものころから、スケジュールをたてるくせをつけておくと、生活の色々な場面で役立ちますよ。

宿題の進め方ですが、ドリルなどは一年生の宿題でいうと、一日一ページ取り組めば、8月中旬までには終わるボリュームだと思います。比較的に簡単な内容なので、早い子は数日でおわってしまうかもしれません。

音読や計算カードもドリルと一緒にとりかかれば、1日の中にまとまった学習時間が確保されるので生活にメリハリがつきます。

時間がかかる、工作・ポスター・読書感想文・自由研究などは、お子さんの得意なものを1点、7月中に終わらせるといいですね!

夏休みの始めはやる気もあるし、得意なものだと取り掛かりも早いからです。

1つ終わらせると、「できた!」という喜びでモチベーションもアップ。次の宿題に取り掛かりやすいですよね。

残った宿題も1週間に1つは取り掛かる計画にすると、8月20日ごろまでには終わらせることができると思います。

工作・ポスター・自由研究などは、何をつくるか?書くか?研究するのかをスケジュールをたてる時に、ある程度話をしておくと取り掛かりもスムーズですよ。

また、スケジュール通りに宿題が進んでいるか、子どもと一緒に確認していきましょう。

もし、進んでいないようであれば、修正していきましょう。元々、8月20日ごろまでのスケジュールで計画していたので、少し遅れても、夏休みの最後にバタバタすることはないと思います。

お子さんの初めての夏休みですから、楽しく過ごせるようにサポートしてあげて下さいね!

まとめ

 

小学校1年生の夏休みの宿題といえば読書感想文!

  • 読書感想文の目的とメリットを紹介しました。

小学1年生らしい読書感想文を書くコツは?

  • 読書感想文を書くコツとサポート方法をまとめました。

親はどこまで手伝う?

  • 親ができるサポートをまとめました。

読書感想文の肝は本選び!おすすめの本5選!

  • おすすめ1 メガネをかけたら
  • おすすめ2 ハキちゃんの「はっひょうします」
  • おすすめ3 ぼくのはなさいたけど
  • おすすめ4 けんかのきもち
  • おすすめ5 そのときがくるくる

どれも子どもが感想文を書きやすいおすすめの本を紹介しました。

子供が活字嫌いの場合の対策法は?

  • 活字嫌いな子どもへの対応策をまとめました。

ギリギリにならないために!夏休みの宿題のスケジュールは?

  • おすすめのスケジュールを紹介しました。

子どもには自分の思ったことを伝えられる人になってほしいと皆さん思いますよね。

小学校にあがったばかりの一年生には読書感想文は難しいかな?と正直、私は思っていましたが、読書感想文の目的やメリットを改めて、考えてみると、自分の思ったことを他人に伝える練習をする良い場だなと思いました。

今回、私も子どもに積極的に挑戦してほしいと思いました。

低学年の間はサポートが必要ですが、積み重ねていくうちに、きっと一人で良い読書感想文が書ける時がやってきます。

そして、読書が楽しいと思える読書習慣をつけられるように、時間がとれる夏休みなどの長期休みは特に、色々な本に触れさせる機会を沢山作ってあげたいなと思いました。

お子さんも楽しみにしている初めての夏休みです。

海にプールにお祭り、家族旅行、お盆の帰省、花火大会…楽しみなイベントが沢山あります。

宿題は計画的に、確実に終わらせ、お子さんに色々な事を経験させてあげられる夏休みになるといいですね!

こちらも読まれています

タイトルとURLをコピーしました