1歳児が癇癪で泣き止まない!理由は?対処法は?放置してもいい?

泣いている女の子

1歳くらいになると、癇癪を起こすようになります。

あまりに癇癪がひどいと、心配になるし、こっちも参ってしまいます。

こんなことがいつまで続くのか…。

こどもの癇癪には本当に悩まされてしまいますよね。

こどももパニックだとこっちもパニック。

こどももつらいとこっちもつらいです。

何で言うこと聞いてくれないの…どうしたら良いか分からなくなってしまいます。

癇癪で泣き止まないときの対処法をご紹介します。

1歳児が癇癪で泣き止まない理由は?

泣いている帽子をかぶっている女の子

癇癪とは、怒りや不安の感情のコントロールがうまくできず、激しく泣きわめいたり、奇声を出したりする状態です。

癇癪を起こすと、他にも物を投げたり、周りの人を叩いたり、蹴ったり、手足をばたつかせたり、自分の頭を壁や床に打ち付けたりすることもあります。

癇癪を起こす原因の多くは、自分の思い通りいかないことがあったり、疲れていたり、お腹が空いていたりすることです。

そんな状況のときに、自分の気持ちをうまく表現できなかったり、感情を制御できないもどかしさで、癇癪を起こしてしまいます。

癇癪を起こすと、こども自身も感情を抑えられない状況になっています。

癇癪は、個人差もありますが、1歳頃から5歳くらいまで起こると言われています。

癇癪を起こすと、不安にもなりますが、成長過程でもあるので、落ち着いて、正しい対応をするようにしましょう。

1歳の子が癇癪を起こす原因や理由は?対処法はある?

寝ている子供

1歳になると、自我が芽生えてきます。

自分でやりたいことや、要求などはしっかりありますが、それをうまく伝えることや表現することができません。

そんな時に癇癪が起こることがあります。

1歳児だと、眠い時、疲れている時、抱っこしてほしいのにしてもらえない時、ほしいものがあるのに、ダメと言われたり、取り上げられた時のように、自分の思い通りにならない時などに癇癪を起こすことが多いようです。

癇癪がおきた時の対処法ですが、まずは、こどもの安全を確認しましょう。

癇癪を起こすと、頭を床や壁に打ち付ける場合があります。

クッションなどを間に挟んだりして、怪我をしないようにしましょう。

物を投げることもあるので、投げたら危ないものなどを離したり、隠したりしましょう。

1歳時はまだ言葉でうまく伝えることができません。

「眠いよね」とか、「〇〇が欲しかったんだね」という感じで、声に出して、こどもの気持ちを代弁、共感してあげましょう。

話かけても聞いてくれないからといって、無視はしないようにして、気持ちを受け止めてあげましょう。

また、叱るのも良くありません。

泣き止まないし、暴れたりして手に付けられないと、叱ってしまいそうになりますが、こども自身もコントロールができていない場合が多いです。

叱るのではなく、抱きしめてあげて、気持ちを落ち着かせてあげるようにしましょう。

1歳の子が癇癪で泣き止まない!放置してもいい?

女の子を抱きあげる母親

こどもが癇癪で全然泣き止まないと、困ってしまいます。

必死で声をかけても、全然聞いてくれません。

こんな時は放置した方が良いんじゃないかとも思いますが、放置はしない方が良いです。

1歳児は、うまく言葉で伝えることも、表現することもできないので、癇癪を起こします。

ある意味、泣くことで、伝えています。

泣くことはコミュニケーションをとる手段です。

それを放置したり、無視したりしてしまうことは、「分かってもらえてないんだ」と、もっと状況が悪化する可能性があります。

あまりに癇癪がひどいときは、何を言っても、余計に泣いてしまうこともあります。

そんな時は、落ち着くまで見守ってあげるのも良いと思います。

放置するのではなく、安全を確認して様子を見ながら見守ってください。

落ち着いてきてから、抱きしめてあげたり、優しく言葉をかけてあげましょう。

落ち着けたことを、褒めてあげるのも大事です。

1歳のこどもの癇癪に疲れた…親もしっかりストレス解消しよう!

手すりにもたれかかる女性

こどもが癇癪を起こすと、イライラするし、悲しくもなってしまいます。

イライラしたり、叱ってしまったりすると、自分を責めてしまうこともあると思います。

それも、癇癪が頻繁に起こったりしようものなら本当に、疲れ果ててしまいます。

癇癪を起こしているこどもに対して、親としては冷静に対応することが大切です。

でも実際、どんな言葉をかけても、聞いてもくれないし、暴れたり、叩いてきたり、物を投げたり…感情的になってしまうのも当然だと思います。

こんなことが頻繁にあれば、冷静どころか、親の方が精神的に不安定になってしまいそうです。

こどもの癇癪と向き合わなくてはいけませんが、自分を守ることも大切です。

自分の為にも、こどもの為にも、親もしっかりストレス解消をしましょう。

まとめ

  1. 1歳児が癇癪を起こす理由は自分の思い通りいかないことがあったり、疲れていたり、お腹が空いていたりすることが原因
  2. 1歳児が癇癪を起こしたら、安全を確認して、気持ちを受け止め、優しく言葉をかけてあげて、抱きしめてあげる
  3. 癇癪で泣き止まないからといって放置したり、無視してはダメ。こどもにとっては泣くことがコミュニケーション
  4. こどもの癇癪で親の方が精神的に疲れてしまうので、親もしっかりストレス解消をしましょう

こどもの癇癪と向き合うことは、想像以上に大変です。

1歳児は、言葉でうまく伝えることができませんが、泣くことで、伝えようとしています。

感情的にならないようにしながら、しっかりと受け止めてあげましょう。

今は本当に大変だと思いますが、こどももその分、成長してくれます。

しっかりストレス解消しながら、楽しみながら子育てができると良いですね。

【こちらも読まれています】

1歳児が癇癪で頭を打ちつける理由と対処法は?治す方法はあるの?
1歳頃になると、こどもが自分の頭を床や壁に打ち付けてしまうという話を聞きます。自分の意志もだんだんとでてきて、嫌な事や眠い時などに見られる行動です。そうは言っても、いざ目の前で頭を打ち付けていたり、大泣きしたりしていたら、とても心配だし、不安になりますよね。

コメント